ラジオ放送局へ投稿したメールが採用されるコツを紹介!

ラジオで読まれるコツ

最近、また1つ趣味が増えました。

それはradikoで関西のラジオ番組を聞くことです。

 

ただ聞くだけでなく、メールを投稿したら、

現在4週連続で採用 されました。

 

今回は、

  • どうすれば、ラジオに投稿したメッセージを読んでもらえるのか?
  • どうすればラジオにリクエストした曲をかけてもらえるのか?

についてお伝えできればと思います。

 

ラジオ番組でメールが読まれるコツ

それは番組を良く知ることです。

 

その番組をよく聴き、スタッフさんやDJさんの好みを理解する。するときっとかけてくれる曲が分かるようになり、採用される率が高くなる

とのこと。

これはラジオ番組のDJさんが番組内で教えてくれました。

 

ということで、この記事を書いてる私のラジオ番組に対するエピソードから紹介していきます。きっと、ラジオDJさんが仰ってた「番組を理解する」ことに繋がっていたのかな?

と思います。

 

ラジオ番組が好きになった理由

さて、私が旦那さんとお付き合いしていた頃、旦那さんの勧めで聴き始めたラジオ番組があります。

神戸のラジオ局の番組で、

ドライブ中に2人でよく聴いていました。

 

その番組のDJ(ラジオパーソナリティ)さん

頭の回転も早く、面白い。

番組自体個性的で、リスナーの投稿も多いんです。

 

DJさんの人柄もありますが、

  • こういう事を聞いたらどんな答えが返ってくるんだろう。
  • リスナーの思う答えよりも一歩先の答えが帰ってくる。

そんなDJさんです。

 

そのラジオ番組は、私達2人にとって毎週の楽しみの一つとなっていました。

 

ラジオ投稿とハガキ職人

さて、ラジオに投稿を送り続ける方の事を

『ハガキ職人』と言われているそうです。

 

20数年前まではスマホやガラケーなんてなくて、

  • FAX
  • ハガキ
  • 電話
  • パソコンからのメール投稿

が主流でした。

 

もっと前だと

  • ハガキ
  • 電話

この2つのみですね。

 

電話をかけることはとても勇気がいります。

私も他局ですが、

たまに電話でリクエストしていました。

 

ラジオネームやリクエストを伝えるだけでも精一杯です。

 

でも、紙やメールに書くことで

リクエストやメッセージ、

番組でのプレゼント応募ができます。

 

そして、読まれると嬉しいもので、

それに対しての答えが返ってくると

益々嬉しくなります!

 

だからハガキ職人さん

ラジオ局への投稿者

が増えるんですね。

 

ラジオへ投稿する事がこのようなキッカケを作ったのかもしれません。

字を書くバイト、筆耕のお仕事の体験談。主婦の方にお勧めです
コロナウイルスの影響で、在宅ワークを検討している主婦の方多いと思います!そんなあなたへ、字を書くお仕事【筆耕】ってどういうものなのか、私の体験談を紹介します。案件がみつかるサイトと初めての筆耕体験の紹介

 

遠くの地方ラジオもradiko(ラジコ)で楽しめるよ♪

私の大好きな神戸の番組、色々な事情で一度番組を終了しておりました。

北国に移住して、よく旦那さんとその番組の話をしていたんです。

 

先日、旦那さんが色々調べたら、

一昨年また神戸で番組再開されていたみたいです。

 

北海道からは直接関西の番組を聴きたくても

radikoのエリアフリーの範囲に入っていないので、radikoのプレミアム会員に登録しなければなりません。

 

でも旦那さん、長期出張中の頃にradikoのプレミアム会員になっていたので、週末タイムフリー機能を使って聴くことができました。

 

久しぶりに聞いた懐かしいラジオ番組

番組構成内容は変わってましたが

やはりDJさんの

ナイス ぼけ、突っ込み、

変な効果音そのままです!

 

何年ぶりだろう。

嬉しくなって聴いていると、当時の記憶が甦ります。

 

ラジオ番組にリクエストした曲をかけてもらえる秘訣!

ラジオ番組で、どうすればリクエストした曲がかかるか。

これについても、そのDJさんが先日の番組で教えてくれました。

 

「毎回同じ曲を何度も投稿しているのにどうしてかけてくれないんですか?」

というメッセージが来ることもあるんだそうです。

 

これについてそのDJさんは、

  • ラジオ番組ってタイムテーブルが決まっていますが、パーソナリティさんの話の長さ、番組のコーナーの長さ等で番組構成上使える曲や使えない曲もあるんだよ。
  • そして、スタッフさんの好みにも左右されることも。

 

ではどうすればいいのか?

  • それは番組を良く知ることです。
  • その番組をよく聴き、スタッフさんやDJさんの好みを理解する。

するときっとかけてくれる曲が分かるようになり、採用される率が高くなるとのこと。

 

自分の好みを押し付けるのではなく、ラジオのことを考える。

 

これが、ラジオ番組へ投稿したリクエスト曲をかけてもらえる方法です。

なんだか人付き合いと似ている部分があるかもですね。

 

私はメッセージ投稿&採用を狙っていきます!

という私はまだリクエスト曲かかったことないのですが、メインはメッセージなので曲は2の次だったりしている所も。

 

久しぶりに番組を聴いたあと、

私は番組にメッセージを送ることを始めました。

そう、ハガキ職人です(笑)

 

ラジオ投稿ってなかなか採用されないみたい

これは本当の話ですが、

ラジオを再び聴き始めて送ったメッセージ、

全て採用されてます!

 

ラジオ番組の投稿って、読まれることの方が多いのかと思っていたら、投稿しても読まれて居ない方もいるとのこと。

 

職場の同僚に聞いてみたら、何度か投稿したけど採用されたことがありません。と言ってましたので、どうやら採用されることはとってもラッキーなことみたいです。

 

ラジオ番組でメッセージを読んでもらえるポイント

その番組、本当にトーク長めなので、どうすればメッセージを読まれるか。

これも曲のリクエストと同様です。

  • DJさんが興味を惹くことを書く
  • そして文章は読まれることを想定して短めに

この2つを私は意識して投稿しました。

 

DJさんの好み、面白い内容、突っ込みやすい内容。

これがとても大切です。

 

先日私はこのような内容を投稿しました。

 

こはく
こはく

DJさんが断捨離して、奥様に生前整理しているのかと言われてましたが、DJさんは奥様に尻にしかれているのですか?DJさんにとって夫婦円満の秘訣を教えて下さい。

これが投稿内容でした。

 

すると、DJさんは

  • 奥さんに尻をしかれているのではなく、尻をたたかれてる。
  • 夫婦円満の秘訣は、期待しないこと。
  • 期待するから腹が立つけれど、期待しないでおくと、してくれた時に「こんな事もしてくれたんだ」と思うとありがとうって素直に言えるから。

そういう回答を頂きました。

 

DJさんの内容の続きは

亭主関白ですが夫婦円満に生活してます。秘訣はgiveと会話
我が家は亭主関白ですが、現在は夫婦円満に暮らしてます。かつて離婚問題まで発展しそうな時もありましたが、現在は息子の前でも腕を組んでデートするくらい楽しく暮らしてます。夫婦円満な秘訣を書いてみました

こっち↑の記事で書いてます。あとでご覧下さい。

 

みんなが食いつきそうな内容、

そしてDJさんの先を行く答え。

 

面白くもあり、納得させられる。

笑いもとれる。

これが一番ですね!

 

実際には、この文章以外に

  • 先日投稿内容を読んでくれたお礼、
  • いつも応援しているというお言葉、
  • そして番組内のお題に基づいた投稿

も、ひとまとめにして送っています。

 

その内容を印刷しても一枚にまとめられるようにしておくと、スタッフさん、DJさんが印刷をかけた時に見やすいように工夫できる。

また、毎回印刷物はシュレッダーにかけているらしいのでそういう心配りも大切ですね。

 

ラジオ放送局へ投稿したメールが採用されるコツのまとめ

いかがでしたか?

 

リクエスト曲についても、

メッセージが読まれる内容にすることも

DJさん、スタッフさんの配慮。

 

そして、リスナーが聞きたい内容を引き出すことが大切です。

 

番組を理解し、楽しい時間を色々な方と共有できること。それが一番お互いにとってHAPPYではないでしょうか。

 

こはく
こはく

つまり、番組を好きになってファンになること!

私はそう思います。

 

また来週も、何を投稿するか考えてます。

 

息子には、

「お母さん100%の確率だよね!」と言われているので、少しプレッシャーですが(笑)

ラジオ番組で大好きな番組があれば是非チャレンジしてみて下さいね。

 

★あなたへオススメ記事★

方言のバイリンガル!したっけね~♪
方言、私は関西出身の主婦です。もちろん旦那さんも関西出身です。関西って場所によって微妙に方言が違います。河内弁神戸弁京都弁近江弁紀州弁など。でも今は北海道に住んで北海道弁がすごく好きです!